良くある質問

創業時に必要な届出にはどのようなものがありますか?

A、個人事業で始める場合は税務署や県税事務所へ開業届けを提出します。株式会社で始める場合は、法務局で設立登記を行う必要があります。その他にも税務や社会保険に係る届出があります。
届出に関しても、当会の各種専門家と一緒に書類の作成をしますので、ご安心ください。
詳細は以下になります。

➀税務関係
【個人事業主】
(1)税務署
【法人】
(1)税務署

②社会保険関係
社会保険とは、健康保険と厚生年金保険のことをいいます。
法人企業は加入が義務づけられています。
個人事業も加入が義務づけられているケースがありますので、ご確認ください。
(1)年金事務所(健康保険、厚生年金保険の「新規適用届」など)

③労働保険関係
労働保険とは、労災保険と雇用保険のことをいいます。
労働者を常時使用する事務所は、業種や人数に関係なく届出をしなければなりません。
(1)ハローワーク(雇用保険)
(2)労働基準監督署(労災保険)

※上記の届出を怠ると、納税のときや資金の借入のときに不利になったり、公的機関の支援を受けられないこともありますので、開業前にかならず確認をすることになります。









PAGE TOP